人文・思想・宗教

【究極の男磨き道】零時レイ 要約・感想

【究極の男磨き道】 零時 レイ ナンパをすることで得られるもの

ナンパはただのチャラい行為ではありません。
ナンパをすることで、他の分野にも役に立つ能力を
獲得することができます。

ナンパをすることで得られるもの

・男としての自信がつく

・初対面の人と会話を成立させなければ
ならないため、頭の回転が速くなる

・ナンパをしたら、
あからさまに嫌だという態度を
とる女性がいるので、メンタルが鍛えられる

ナンパで成功するために重要なこと

ナンパと聞くと、このように考える人がいます。

僕は顔がカッコよくないから、
ナンパをしても成功できないよ…


顔がカッコ良くなくてもナンパは成功します。
もちろん、髪の毛や服装で清潔感を
出すことは、大切なことです。

ですが、それ以上に大切なことは、
ナンパの試行回数を増やすことです。
始めの内はナンパで声をかけることに
抵抗がありますが、ある程度したら慣れてきて
たくさんの女性に声をかけることが、
できるようになる瞬間が訪れます。

このゾーンに入ることを
ナンパーズハイ」と言います。

メモ

✔1人や2人女性に声をかけて、
無視されたとしても動揺しないこと。
数をこなしていけば、
女性との接し方がわかるようになり、
ナンパの成功確率も高くなる。

ナンパをする前の準備運動

準備運動なしで、
いきなり走ったら怪我をするように、
今まで女性とまともに話をしたことがない人が、
いきなりナンパをすると心に傷を負います。

ナンパをするぞ!と意気込んで
街に繰り出しても、
地蔵状態(声をかけれずに固まること)で、
1日が終わってしまいます。

まずは、『コミュ障克服トレーニング』の
項目の内容から、始めてみてはいかがでしょうか。

ステップ1:『刑務所トレーニング』

アルバート・エリスという心理学者が
提案した、対人恐怖症のトレーニングです。

「公園に行き、50人の見知らぬ人に
『刑務所から出てきたばかりなのですが、
今日が何月何日なのか教えてほしい』
と聞くものです。

この方法で、エリス自身が、
・大きい鼻のコンプレックス
・女性恐怖症
を克服したそうです。

ステップ2:『店員に挨拶をする』

カフェの店員から、
注文した商品を受け取る際に、
「挨拶」と「ありがとう」をセットにします。

こうすることで、
見知らぬ人と会話をする機会を、
増やしていきます。

ナンパを実践する

『コミュ障克服トレーニング』で、
見知らぬ人に声をかけることに抵抗が
なくなってきたら、
実際にナンパをしてみましょう!

この章では、
本に書かれていたナンパのやり方を掲載します。
ナンパは軽々しい行為ではありますが、
突き詰めると奥が深いです。

その1:『相手の警戒心を解く』

ナンパをする上で大切なことは、
相手の警戒心を解くことです。


相手の情報を聞き出しながら、
自分の情報を開示していくことで、
相手に、「しっかりとした出会いであるかの
ような印象」
を、与えることができます。

・名前
・年齢
・住んでいる場所
・職業
・職場の場所

こうした情報をさりげなく
会話の流れの中で伝え、
相手からも同じ情報を引き出します。

その2:『自分に合ったナンパフレーズ決める』

初心者は、余裕がないのに、
余裕があるフリをせずに、
余裕がない自分そのままで行けばよいです。

レイさんが初心者のとき使っていたフレーズは、
「すいません! そこで見かけて思い切って声を
かけたんですけど! 今、
仕事終わってこれから牛丼でも
食べようかと思っていたんですけど!
よかったら一緒にどうですか!」というやつです。

このフレーズでナンパをした場合、
軽さが軽減され、番ゲ(携帯番号をゲットの略語)や
連れ出しのハードルが下がりますが、
その分だけベッドまでの道のりが遠くなります。

メモ

多少慣れてきて他のことに気が払えるほど
余裕が出てくるまでは、
全く同じフレーズを
繰り返していれば良い。

その3:『ナンパ仲間を探す』

1人でナンパをするよりも、
仲間とナンパをした方が、
恐怖心が少なくて済みます。

ですが、弊害もあります。
仲間依存症になってしまい、
それは、完ソロ(1人でなんぱをすること)ができなく
なってしまうことです。

ナンパをしに来たのに、
仲間とずっと話こんでいては、
時間が勿体ないです。

そうならないために、
1日最低でも5人に声をかける
というようなノルマを設定するとよいそうです。

ナンパが成功してからの行動

次は、ナンパをして、
番ゲや連れ出しに成功したあと、
実際にアポイントを取り、
女性をゲットするまでのコツについてです。

取るべき行動1:『居酒屋に長居しすぎない』

ナンパ師ケンさんが言うには、
会話を早めに切り上げた方が、
主導権を取りやすいそうです。



15分マジメな話をし、
20分恋愛トーク、
20分エロい話して、
そんでいきなり、もう出ようって
さっさと席を立ちます。

女の子の話をじっくりと
時間をかけて聞いてあげることが
大切だと思っていましたが、
「もう帰されるの…」って女性を
不安にされるぐらいの方が、
会話の主導権を
握りやすいのですね。

勉強になりました。


取るべき行動2:『居酒屋のコスパを抑える』

コスパを抑えると聞くと、
このように考える人がいると思います。

安い居酒屋に連れていくと、
ケチな男って思われないかな…


目的はお金をケチることにあるのではなく、
「安い居酒屋で、しかも割り勘という条件でも、
美女相手に余裕で勝負できる」ような、
本物の男になることです。

お金をかけて良い店を選びすぎてしまうのは、
弱気や不安の表われであることが多いと、
レイさんは言います。

取るべき行動3:『弱気にならない』

レイさんがまとめた、
『初心者にありがちな弱気なパターン』

・いい人ぶってあたりさわりのない、
つまらない守りのトークをしてしまう

・自身のなさから女子受けを狙い過ぎ、
無駄に力の入った、よすぎる店にしがちである

・奢るときも「奢らせていただく」くらい、
無駄に低姿勢である

・女子に千円請求する勇気もない

・ホテルや家に行こうと打診する
瞬間をだらだら先延ばしにしてしまう

・無駄に2軒目、3軒目をはさむ

・拒否られるのが怖く、自分で打診する
よりは終電を逃させるなどして、
直接で誘わないで済ませようとするような、
なし崩し的な誘いしかできない

・「~いく?」「~していい?」など、
いちいち伺いを立てる

・決めるのは男の方、っていう
マインドが低い

・せっかく女子が乗り気であったのに、
誘い方がヘタすぎる上に簡単に引き下がる
ために機会を棒にふってしまう。
「あーあ、やらせてやろうと思ったのに。
こいつ、もうねーわ」って思われても
気がつかない

ナンパの小技

相手が自分のことが好きかを知る方法があります。
それは、「手繋ぎチェック」です。

手を繋いだときの相手の反応を見て、
家打診をします。
やるタイミングは、店を出た後です。

「手繋ぎチェック」で反応がいまいちであった
場合は公園をはさみ、ギラついたりキスをします。

その後、ホテルもしくは家打診。
22時を目安にする。
女性が躊躇していれば、最後のひと押し
「手を取って、ぐいっと引く」技を使います。

ここで大切なのは、店の中でいかに
女の子と良い関係性を築けているかです。

良い関係性が築けていないのに、
ギラついたりキスをしたら、
それは犯罪になりかねません笑

まとめ

零時レイさんは、これまでに紹介した方法で、
女医、セレブガール、芸能人等
ストリートナンパでゲットしました。

次回は、レイさんと同じ方法で、
実際にナンパをし、
上手くいくのかを検証してみたいと思います。

したっけね~☆彡