人文・思想・宗教

【音声あり】渋谷で美女とインスタを交換することに成功

ナンパをすることになった経緯

零時 レイさんが書いた本
『究極の男磨き道』に書かれた方法で、

レイさんは、
女医、セレブガール、芸能人等
ストリートナンパでゲットしました。

私もレイさんと同じ方法でナンパをすれば、
美女をゲットできるのでは……と思い、
ナンパの聖地と言われる、渋谷
今回ナンパを実践してきました。

渋谷スクランブルスクエア前でナンパをする

ハチ公口に行ったのですが、
人が多くいたので、
人が少ない渋谷スクランブル前で
ナンパをすることにしました。

ナンパする前までは、
日曜日で天気も良かったので、
10人に声をかけたら、
1人ぐらいはついてきてくれるのでは
ないかという謎の自信がありました。

ナンパを始めてから20分ぐらいして、
ずっと誰かを待っている人がいることに
気がつきました。
思い切って声をかけてみました。

私:待ち合わせ?

女性:…(無視)

私:暇ならどこか遊びに行きませんか?
僕はカズキといいます。
名前教えてください。

女性:友達待ってるんで。
(名前は何度聞いても、
教えてくれませんでした。)

一旦帰ります。
作戦を変え、友達がドタキャンをしたので、
一緒に遊ばないか?と
提案してみることにしました。
ここからの音声です。

私:すいません。
友達が遊ぶ予定だったんだけど、
予定できちゃって、
1人になっちゃったんですけど。

女性:あ、もうウケル笑

私:行きましょうよ

女性:お友達の誕生日祝いだから。

私:友達帰るって言ってて。

女性:残念ですね。

私:誕生日終わったら行きません?

女性:誕生日終わったら帰る。

私:ライン交換だけでもお願いします。

女性:他の方をあたってください。

私:可愛いなと思って。

女性:ありがとうございます。
あ、来た来た。(男性登場!)
なおや~

惜しかったですね……
なおやが来なければいけてました笑

敗因

あと一押しのときに、
なおやが来たこと

気を取り直してハチ公口に移動

レイさんの本に、
初心者のうちはナンパフレーズを
決めてから声かけを
すると良いと書かれていたので、
ナンパフレーズを決めて、
女性に声を掛けることにしました。

待ち合わせと思われる女性が何人もいたので、
この中に数人は、
出会い系で待ち合わせしている人が
いるのでは?と思い、
Tinderで待ち合わせをしているの
ですが違いますか?」と
声をかけることにしました。

私:今Tinderで待ち合わせをしていて、
違いますか?

女性:あ、違います。すみません。

私:ちなみに、お名前教えて
もらってもいいですか?
せっかくなんで。

女性:いや、すみません。

私:ダメですか?
僕カズキって言うんですけど、
良かったらTwitterフォローしてくれませんか?

女性:やってない。

私:ラインは?

女性:ラインもちょっと。

私:本当にTinderじゃないですか?

女性:ほんとにやってない。

こんな感じのやりとりを10回ほど続けました。
結論ハチ公前にいる人
Tinderやってる説実証ならず

敗因

ハチ公前にいる人が、
Tinderをやってなかったこと


再び渋谷スクランブルスクエア前へ

ハチ公口にいた女性のほとんどに声をかけ、
失敗したので、また渋谷スクランブルスクエア
前に戻ってきました。

ハチ公口は止まっている人が多くて、
話かけやすかったのですが、
渋谷スクランブルスクエア前は、
歩いている人が多くて話しかけにくかったです。

そんな中、地図を見ている人がいたので、
道を教えてあげようと思い、
下心50%ぐらいで話しかけました。
話しかけた女性が、
土屋太鳳さんに似ていたので、
以下タオちゃんと呼ぶことにします。

私:待ち合わせですか?

タオちゃん:待ち合わせです。

私:僕も実は友達と待ち合わせしてて、
わかんないですよね。

タオちゃん:わかんない。
ハチ公行くはずが、変なところ出ちゃって💦

私:わかりますよ。僕ハチ公。

タオちゃん:どっから行けばいいんですか?

私:こっちからの方が近いんで、
あ、ちょっと教えますね。

タオちゃん:あでも、友達待ってるんで、
言ってもらえれば!

私:苦笑

タオちゃん
:どの辺ですか?

私:これは一周回れば

タオちゃん:左?

あ~左かな~。
ラインとか交換できません?

タオちゃん:ごめんなさい。
そういうのはちょっと。

私:そしたら。そこ左行けば着きます。

タオちゃん:ありがとうございます。

道がわからないかもしれないと思い、
一緒にハチ公口まで行こうとしてたときに、
「友達待ってるんで、言ってもらえれば!」
って強い口調で言われたときは、
思わず苦笑してしまいました。

ナンパするつもりが、
ただの道を教えてくれた親切な
人になってしまいました笑
親切なのは良いことなので、
今回は半分成功したということにしておきます。

敗因

タオちゃんが、
友達との待ち合わせに急いでいたこと

昼休憩

昼ご飯は、「渋谷MIYASHITA PARK」で、
タコスを食べました。
休憩中、何が悪かったのかを考えました。

まず、声をかけた人数が少ないこと。
改善するために、
あと少なくとも50人に声を
かけることを決めました。
10人中1人ぐらいは連れ出しができる
と思っていた、私の認識が甘かったです。

次に、相手の警戒心を解くために、
・名前
・年齢
・住んでいる場所
・職業
・職場の場所
をさりげなく会話の中で伝えながら、
相手からも同じ情報を引き出せるような
会話をすることを心掛けました。

こうすることで、
相手に「しっかりとした出会いであるかの
ような印象
」を与えることができます。
これは本に書かれていたテクニックです。

次からはナンパをして何がダメだったのかを
女性に聞き、指摘された箇所を直し、
次に生かせるようにしようと思います。

ご飯を食べ終わり、
再び戦場へと向かいます!

渋谷センター街でナンパをする

今度はセンター街に来ました。

・声をかける人数を増やすこと。
・相手の警戒心を解くために、
自分の情報を提示しながらも、
相手の情報を聞き出すこと。

この2つを取り入れてナンパをしました。
20人ほどに声をかけたのですが、
1人にラインを聞き出すことに成功しました

私:あ、こんにちは。
今からどこ行くんですか?

かなこちゃん:バイトです。

私:バイトか~
あの、バイト行くまででいいので、
おしゃべりしながらバイト先行きませんか?

かなこちゃん:えー。

私:わかりました!
ライン交換したいんですけど、
いいですか?

かなこちゃん:大丈夫です。

私:フィードバックお願いしたいんですけど、
何がダメでしたか?

かなこちゃん:あ~、じゃあ、
ラインならいいです。

私:すいません、忙しい中。
ありがとうございます。
大学生ですか?

かなこちゃん:あ、そうです。

私:今何年生ですか?

かなこちゃん:次3年です。

私:あ、3年生。
僕は社会人なんですけど。
ブログ書いてて、良かったら
見て欲しいんですけど。

かなこちゃん:あ、送っといてもらって
いいですか。

私:バイト頑張ってください。

かなこちゃん:ありがとうございます。

自分でも、なぜ上手くいったのかは
わからないですけど、
ラインを交換することができました。

勝因

多くの人に声をかけ、
最後まで諦めずに連絡先をきいたこと

ナンパ―ズ・ハイになる

ランナーズ・ハイという言葉があります。

ランナーズ・ハイとは、
マラソン/ジョギングの最中に、
苦しさを我慢して走り続けると、
途中から楽しくなって、
走っても苦しくなくなる現象のことです。

脳内物質によって、
「苦しい」が「気持ちいい」に変わります。

このようなことが、
ナンパでも起こると言われています。
それが、ナンパ―ズ・ハイです。

この状態になると、根拠のない自信が
己を包み込み、どんな女性でも口説ける
ような自信が湧いてきます。

レイさんの本でも紹介されていました。

1人、ラインを交換したことで
調子が良くなった私は、
その後、ライン2、インスタ1、ツイッター1
交換することができました。

ナンパを沢山していると楽しくなり、
その楽しさが相手にも伝わり、
成功率が上がるかもしれません。

【奇跡!】なつみちゃんとインスタを交換することに成功する

近くにラーメン屋があったので、
「友達帰っちゃったんですけど、
良かったら一緒にラーメン食べませんか?」
のフレーズでナンパをしました。

私:こんにちは~
今からラーメン食べに行こうと
思ってるんですけど、
良かったらどうですか?

なつみちゃん:大丈夫です。

私:友達帰っちゃって。

なつみちゃん:大丈夫です。すみません。

私:え~今度行きません?

なつみちゃん:大丈夫です。

私:名前カズキっていうんですけど。
結構僕の名前珍しいんですよ。
(Twitterを見せる)
名前何ていうんですか?

なつみちゃん
:Twitterやってないです。
(会話少し噛みあわず…)

私:インスタは?

なつみちゃん:インスタはやってますけど。

私:やりましょうよ~
(交換しましょうと言いたかった。)

インスタはいいですよ。
今日帰るんで、もう。

私:どこ行ってきたんですか?

なつみちゃん:あそこのカフェ行ってきました。

私:あそこって?

なつみちゃん:え、カフェ。カフェ。

私:教えてくださいよ。カフェ

なつみちゃん:え、ここら辺の人じゃないんで。

私:え、どこの人なんですか?

なつみちゃん:千葉県です。

私:これ止まった方が。
(インスタ交換中)

なつみちゃん:急いでるんで。
明日誕生日なんですよ。私。

私:え、じゃあ祝いますよ!

なつみちゃん:え、いいです笑

インスタ交換終了。

私:なつみさんっすよね。
カズキっていいます。

なつみちゃん:はい。わかりました。
連絡してください♪

私:はい。します。
本当ガチなんですよ。友達帰っちゃって。

なつみちゃん:わかりました。私も帰るので。

私:千葉に?遠いですよね。

なつみちゃん
:はい。じゃあまた。

私:出てこない。
(なつみちゃんのインスタが表示されず)

なつみちゃん:フォロワー見ればいいんじゃない。
違う違う。これこれ。(私のインスタ音痴が発覚)

私:また連絡したいです。

なつみちゃん:はい。

私:帰りましょう。

なつみちゃん:帰りましょうはおかしい笑

私:帰りましょうはおかしいけど、
送りますよ笑

なつみちゃん:いいです笑

私:ダメですよ。襲われたら…

なつみちゃん:おかしい。おかしい笑

私:歳は?

なつみちゃん:え、明日で24。

私:同じ歳。24だから。

なつみちゃん:ほんとですか?

私:僕は馬込ってわかります。
馬に込めるで馬込なんですけど。

なつみちゃん:あ、場所?

私:はい。大田区に住んでます。
なつみさんはどの辺に住んでるんですか?

なつみちゃんかしわです。柏。

私:遠いっすよね。千葉。

なつみちゃん:遠い~

私:なんで来たんですか?

なつみちゃん:普通に用事があって。

私:一人で来たんですか?

なつみちゃん:はい

私:じゃあ、そんとき呼んでくださいよ。

なつみちゃん:いや、呼ばないです笑

私:土曜日。日曜日とか。

なつみちゃん:電車乗りますね。

私:途中まで送ります。

なつみちゃん:大丈夫です。

私:本当ですか?

なつみちゃん:電車音痴なんですけど、
銀座線は~あっちですか?

私:あ、違うなあ。僕も(信号を)渡ります。

なつみちゃん:いいです~笑

私:明日誕生日なんですよね?

なつみちゃん:そうです。
祝ってもらうんですよ。
帰ってから。地元で。

私:僕もついてこっかな~
ほんとに銀座線の前までは送ります。

なつみちゃん:銀座線わかります?

私:わかります!

なつみちゃん:あ、違う。嘘。嘘。
今日この駅じゃない。

私:嘘ついちゃった?

なつみちゃん:嘘ついちゃった。
銀座線じゃないかも。

私:どこに行きたいんですか?

なつみちゃん:え、北柏。

私:(グーグルマップを見せ、
半蔵門線経由で、
北柏に行けることを知らせる)

半蔵門線ってこれですよね。
これで行きます。私。

私:じゃあついてこ~

なつみちゃん:ついて行かなくて大丈夫です。

私:ここまで送って。
また連絡します。

なつみちゃん:ありがとうございます。

私:でも、今日の23時59分過ぎて、今日の
24時ぴったりに(誕生日おめでとうメールを)
送ればいいのか?
そういうことだね。

なつみちゃん:まあ、そういうことです。じゃあ。

私:楽しんでね。

なつみちゃん:ありがとうございます。

なつみちゃんとインスタを
交換することができました!
声も顔も可愛くて、
こんな美人とインスタを交換できるとは
思っていなかったので、驚きです。
その後、なつみちゃんから、
インスタのDMの返信が返ってきて、
デートすることになりました!

その日歩き過ぎて、
足の痛みが尋常ではなかったのですが、
頑張って歩いた甲斐がありました。


勝因

・自然な感じで声かけができたこと。
・なつみちゃんが優しい人だったこと。

まとめ

【今回の成績】
ライン2
インスタ1
ツイッター2
連れ出し0

連絡先交換はできましたが、
連れ出しはできませんでした。

今回のナンパ実践で、
最後の方でコツを掴んだのか、
多く連絡先交換ができました。

次回ナンパをするときは、
今日やった経験を生かして、
連れ出しを成功させたいです。

リアルでナンパするのが怖い人は、
出会い系サイトを利用してみても
良いかもしれません。

したっけね~☆彡

ハッピーメール